​理念

「きょうそうさんかくたんけんねっと」に込められた​想い

​<なぜひらがな?>

日本にはひらがな・カタカナ・漢字という3種類の文字があります。

そのなかで最も簡単でやわらかく、やさしい印象を持つものがひらがなです。

私たちは、大人だけではなく、まだひらがなしか読むことができない小さな子どももいっしょに、

未来の教育やウェルビーイングを考えていきたいです。

また、ひらがなで表記することによって、私たちはさまざまな言葉や意味を想像します。

1つのものを、みんなで、柔軟に、さまざまな視点から考えていく。

 そんな組織を私たちは目指します。

    共に学びあい創り奏でる「きょうそう」 

             参画(産官学)三角「さんかく」      

       探研(探究×研究)探検「たんけん」     

                                      ねっと 

​ きょうそう

 競争しない

 競走しない

 狂騒しない

 

みんなで良い社会を目指そう。

目先の利益だけではなく、

​自身のウェルビーイング、

他者のウェルビーイング、

社会のウェルビーイング、

地球のウェルビーイングをたいせつにしよう。

先行きが見えない時代。

惑わされない。狂騒しない。

 

 共創する・協奏する

責任をもって社会をつくる1つの点になろう。

社会的に開かれた学校・教育をつくろう。

敬遠されずに社会に浸透していく、

いろんな人を巻き込めるネットワークに。

固定観念にとらわれず、

新たな価値観やアイディアを語りあおう。

常にだれもが問い続けよう。

​  さんかく  

参画する・三角する

「参加」ではなく、

一緒に社会を描く「参画」。

産官学の三角形をはじめとして、

世の中にはたくさんの三角がある。

 「わたし・あなた・地球」

 「社会・環境・経済」

 「学校・地域・家庭」

 「生徒・先生・保護者」

三角形は六個集めて、

六角形に……円に……球に近づいていく。

ピースをたくさん集めて、

大きな社会のエコシステムに。

​  たんけん  

探究×研究・探検する

こどものころのような、

好奇心やわくわくを大切にしよう。

未来の教育・ウェルビーイングの姿を

探しに行こう。

探検するなかで見つけたものを、

探究・研究に活かして、

次の学びや発見につなげよう。