活動報告

6月KEW定例会を行いました!!

 6月28日、Kumamoto EduAction では、KEW2022-23に向け、企画案検討会を行いました。本日の参加は、本市教育委員会に熊本大学でしたが、学校や熊本市司書部会等から持ち込み企画も交え、侃々諤々と検討しました。時間の大部分を割いて、4人組でグループワークを行いました。各課の代表者が企画をプレゼンし、グループメンバーから質問、意見を受けてブラッシュアップに努めました。各企画の協議時間は10分程度でしたが密度の濃い時間で、担当課にはない観点や発想による鋭い意見が飛び交い、盛り上がっていました。

 「子どもの意見表明、参加を」、「教員採用、働き方改革は他課も自分事で」、「区役所、行政と共に支援を」、「学校を本気にする」、「親と共に取り組む」、「妄想も口に出す」、「日本のオピニオンリーダーに意見を求める」等の言葉が聞かれました。2週間後の修正企画案提出(7/14)が楽しみです。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

小崎熊本市北区長が、昨年度、城北小学校における国語「町の幸福論」の取組を見られ、感動されて、「是非とも今度は、北区の全ての学校で、子どもたちが考えたことを区役所に提案してほしい!」という趣旨の話を年度末の北区小学校長会で話されたということを聞きました。 そこで6月6日、教育委員会指導課の坂口主任指導主事、坂元指導主事と青少年教育課の江良指導主事が、北区役所を訪問し、区長から直接その思いなど詳しく聴

エリア別 活動報告